image
『私のために選ぶ服』
私というのはお母さんたちのことです。

子どもが生まれてから、
授乳のことだったり、
子どもを抱っこしたときに危なくなかったり、
子どもを連れているときに不便じゃなかったり。
服を選ぶときに単純に自分の好みだけで選べることが少なくなりました。

だから、女性としてただ純粋に欲しいと思う服。
こどものためではなく、私のために選ぶ服。
あとから機能性に気付いて嬉しくなる、そんな服をつくりました。

【sigri】デザイナー / mizue kandabashi氏

<デザイナー略歴>
多摩美術大学グラフィックデザイン学科を卒業。
第一子出産後、母の影響で洋裁にめざめ、ハンドメイド子ども服『quiite』をはじめる。
現在3児の母。
2018年10月『sigri(シグリ)』を立ち上げる。
表示切替:
1件中1件~1件を表示
1件中1件~1件を表示

ページトップへ